のどぐろ干物(2匹入り)

nodohimono

底引き網の高級魚『のどぐろ』の干物です。

 

たっぷりの脂と、いい塩梅に仕上げてあります。

 

お酒の肴、ご飯のおともに最適です。

 

 

*真空冷凍済み

河野産 春のアオリイカ

aoriika

*サイズを選択してください

旬は地域のより違います。

春のイカは親イカで大き目サイズです。

秋になると小型がとれ始め、秋〜初夏で地域によっては秋〜冬にとれるものを喜びます。

イカの旨みを決定づけているのが甘みを感じる呈味成分である遊離アミノ酸が豊富です。

 

お刺身、焼きなど様々な料理に適しております。

河野産真鯛

madai

(サイズを選択してください)

 

河野産の真鯛

春先の真鯛は桜鯛、秋口の真鯛は紅葉鯛といいます。

お祝い事や、神社へのお供えものなど

縁起物として扱われます。

 

身もしっかりとし、白身の王様と言われております。

 

お刺身や焼き物、煮つけなど、どんなお料理にも適した白身魚です。

調理ジャンルも問わず、人気のある一品です。

(お祝い事などに使用する際は、備考欄に書いてください。魚を〆る際傷をつけないようにいたします)

 

まとうだい

matoudai

(サイズを選んでください)

河野でとれるマトウダイ。

秋から冬が旬と言われておりますが、河野は春が旬。

透明感のある白身で血合いに色がなく軟らかく、熱を通すと締まります。
肝、卵は非常に味がいいですね。

 

コブ締めなど最高です。

河野産生わかめ

wakame

*キロ数を選択してください。(写真1枚目と2枚目は2キロ、3枚目は0.5キロ)

福井県南越前町で4月1日から解禁となる

河野産生わかめ。

鮮度が良く、歯ごたえがあり、食べ応え抜群です。

 

自分の味付けで、干して乾燥わかめを作成したり

出汁にくぐらせて、わかめのしゃぶしゃぶを楽しんだりと様々です。

 

お味噌汁や酢の物など、日本人の食生活に馴染み深い食材、わかめ。
わかめにはカリウムやナトリウム、ヨウ素といったミネラル成分と食物繊維がたっぷり含まれています。また、低カロリー・低糖質なのでダイエットや糖質制限をしている方おすすめの食材です。

 

生わかめの下処理&茹で方

生わかめは料理の前に下処理&下茹でを行いましょう。

1.茎付きの生わかめは茎を切り分け、よく水洗いします。
2.鍋にお湯を沸かし沸騰したら茎を先に入れ20秒ほどたってから残りを入れます。
3.軽く湯通しをしたら冷水につけ、しっかり洗いましょう。

長く茹でてしまうとせっかくの生わかめの食感が損なわれてしまいますので注意してくださいね。

生わかめの保存方法

生わかめはそのままだとあまり日持ちはしませんが、冷凍保存が可能です。下処理&下茹でした生わかめの水をよく切ったら小分けにしフリーザーバッグに入れて冷凍します。そうすることで2~3ヵ月は保存が可能です。

解凍方法はザルに入れお湯をかけるだけ。解凍したらすぐ冷水に取ってから冷まします。

朝どれスズキ

suzuki

河野産の朝どれのスズキ(サイズを選択してください)

身は血合いがほとんどない白身で、身の質はタイに似て、柔らかくて癖もなくあっさりしています。

良好な水質の場所に生息しているので、魚肉やアラのみならず、肝臓や心臓はソテー、腸は吸い物や煮物、刺身で余った皮は炙り焼き、骨は出汁とり等々、捨てる部分がほとんどなく無駄なく食べられます。 

手早く薄造りにしたものを氷を入れた日本酒、または氷水で身が白濁するまで余分な脂肪分を落とした洗いや煮ても焼いてもオッケー。。

年間を通して癖のない白身は高級食材としてフランス料理にも多用され、カルパッチョ、ムニエル、ポワレ、などにも最適です。

新鮮なものは刺身にするが、昆布じめ、膾、寿司ネタなど。他にタタキ、揚げ物、炒め物、塩焼き、奉書焼、煮付、鍋物など、和洋中を問わず多種多様な料理に向いております。

変わったところでは、燻製もあるようです。

*写真1枚目は一匹約2キロ、2枚目は約3キロです。

河野産サクラマス

sakuramasu

*サイズを選択してください

 

海から、川へ帰る時に定置網に入る貴重なサクラマス。

この商品は特に飲食店様のご注文が多い商品です。

養殖でなく、天然の鮮度の高さと身の締まりが特徴です。

 

4月~5月の限定商品となっております。

越前紅ズワイカニ

benizuwai

越前にて水揚げされた、紅ズワイガニ。

身は甘みがあり、水分が多め。

紅ズワイガニは、鮮度の良いベニズワイガニの甘味成分「グリシン」と旨み成分「グルタミン酸」がズワイガニより高い数値が得られました。

さらに、品質と比較して価格もリーズナブルな点も魅力の1つです。

そして、最近では、肉厚で身離れがよく、甲羅の味噌がとろけるように美味しいと、人気が高まっています。

 

*サイズ約800g 甲羅幅約14cm

日本海河野産マサバ(1匹1キロ)

saba

春先のマサバ。

脂が落ちる前のサバです。

きちんとした、丁寧な処理によって鮮度抜群!!!

*一度、冷凍していただくと殺虫の効果があると言われております。

(滅菌冷水での血抜き、神経締め)

 

しめ鯖、煮つけ、唐揚げ、お寿司など最適です。

ずわいがに(やまがに)

yamagani

日本海の冬の味覚のズワイガニ

その中でも、やまがには濃厚な味噌が特徴です。

もちろん、身も詰まっていて大変美味。

 

大きさは300gで

お一人で食べるサイズに最適。

河野産最高級サゴシ

sagosi

河野産の最高級サゴシ。(サイズを選択してください)

全国上位の水揚げを誇る河野のサゴシは

身の質もよく、丁寧な作業により品質が高い魚です。

お刺身、揚げ物、タタキ、焼き物など多様な料理に向く商品です。

*1匹のサイズ選択となります。(写真は1匹800~1000g)

日本海産とらふぐ

torafugu

春先にかけて定置網に入るトラフグ。

若狭湾の自然をたくさん蓄えたぷりぷりの白子と弾力のある身が最高です。

*業販向け商品です。(購入の際は免許を確認いたします)

*只今、時化などで休漁のため予約商品となります。(3月中旬より定置網操業開始です)